大山健康財団賞受賞者一覧(第41~43回)

第 1回(1974年)~第10回(1983年) 第11回(1984年)~第20回(1993年)
第21回(1994年)~第30回(2003年) 第31回(2004年)~第40回(2013年)
第41回(2014年)~第43回(2016年)

第41回(2014年)~第43回(2016年)

(所属は受賞時の所属・敬称略)


年度
氏 名 所属・役職等 業績内容
第41回
2014年度
川原 尚行 NPO法人/国際NGO法人 ロシナンテス
理事長
医師 医学博士
九州大学医学部大学院を修了後、外務省に入省され、タンザニア、スーダンに勤務された際、スーダンで病める患者を何とかしたいという強い思いを抱き、2005年外務省を退職され、スーダンでの医療活動を始められた。
2006年にはNPO法人ロシナンテスを設立されるや、年間3分の2はスーダンに滞在され無医村を中心とした巡回診療を行われるとともに、スーダン東部の村に診療所を立ち上げ、スーダン人の医療スタッフを配置して医療活動を続けられるなど、発展途上国での医療協力に多大なる貢献をされている。
第42回
2015年度
稲田 頼太郎 特定非営利活動法人イルファー
理事長
獣医師 HIV(AIDS)専門家 農学博士
研究者として就職されたアメリカ・コロンビア大学附属病院で1980年に当時まだ原因も治療法も分からなかった病気(後にAIDSと呼ばれる)に出会い、次々と命を落としていく患者を目の前にしてこの病気と闘うことを決意された。
1980年代後半から1990年代前半にかけてニューヨーク在住日本人感染者、患者のケアーにあたられ、1993年に日本でエイズ患者やHIV感染者の診療にあたる医師や看護師を養成するためにマイケル・ラング医師(感染症学研究部長)とともに「イナダ-ラングエイズ研究財団:ILFAR」を設立され、以後、100名以上に及ぶエイズ関連医療従事者の研修を行われた。
2000年7月にはケニア共和国ナイロビ市にあるスラム地区(プムワニ村)においてエイズ医療体制構築のため、地域住民対象の年2回の無料診療を、その支持者と共に始められ、感染者、患者、地域住民の教育を中心に感染予防のプログラムを2016年2月までに24回にわたり行われ、HIV感染者、患者を含む5万人以上の地域住民を診てこられた。2014年末には、日-ケニア国交50年を記念し、長年日本とケニアとの相互理解および友好の親善に寄与された功績で大使館表彰を受けられている。
また、自費で1年のうち2ヵ月間の無料診療支援を始められ、10年間続けられた後、定年目前でアメリカの病院を退職され、ケニアに完全移住されて2010年に診療所をオープン、無料で診療支援を行っておられる。2006年、ケニアにおいても無料の抗エイズ薬の入手が可能になり、患者、感染者への治療情報の提供、服薬指導などにも尽力されている。
第43回
2016年度
一盛 和世 長崎大学熱帯医学研究所フィラリアNTD室 ディレクター
長崎大学 客員教授
元 世界保健機関(WHO)世界フィラリア症制圧計画統括責任者
Ph D
永年に亘り世界保健機関(WHO)に勤務され、顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases:NTD)の一つであるリンパ系フィラリア症(LF)の制圧、根絶に多大な貢献をされている。
特に、WHOによるLFの世界制圧計画は、一盛氏の活動成果などを基礎として策定されたもので、グローバルレベルでの産官民学パートナーシップによって人類の一大事業として制圧目標へと歩みを進めている。
さらに、WHO退職後も、今なお世界LF制圧計画のもとに、2020年までの目標を達成するべく拠点の一つとして長崎大学熱帯医学研究所にフィラリアNTD室を開設され、かつて蔓延していたLFを根絶することに成功した日本の経験を活かし、人材の育成に尽力されている。